黄櫨神伝

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦=性奴隷は×

<<   作成日時 : 2016/12/16 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
「慰安婦は性奴隷」と述べた自著を捏造とされ名誉を毀損されたとして、慰安婦研究者の吉見義明中央大教授が桜内文城前衆院議員に約1200万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。原克也裁判長は「桜内氏の発言は吉見氏への不当な攻撃ではなく、公益に関わる問題についての意見・論評であり、違法性はない」として吉見氏の訴えを棄却した。
判決などによると、当時日本維新の会の衆院議員だった桜内氏は平成25年5月、橋下徹前大阪市長が自身の慰安婦発言について説明するため日本外国特派員協会で開いた記者会見に同席。吉見氏の著書「従軍慰安婦」が話題となった際、「同書の『慰安婦は性奴隷だ』という記述は捏造だと明らかになっている」との趣旨の発言をした。
原裁判長は「発言は吉見氏の名誉を傷つけたと認められる」とした一方で、「桜内氏の『捏造』という発言は『不適当』『誤り』といった意味だと解釈できる。慰安婦の立場に関する問題は公益性があり、発言は意見・論評の域を出ず、名誉毀損は免責される」と判断した。
判決後に双方が東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、桜内氏は「公正な判決に感謝する。不当な言葉狩りには戦い続ける」と述べた。
一方、吉見氏は「名誉毀損を認めながら違法性を認めなかったことは大変残念だ」として、控訴する意向を示した。(産経新聞より引用)
所謂、Sexual slavesってジュネーブ国連派遣団報告の捏造報告書から云われている件ですが、桜内氏(桜内 文城ブログ)が地裁に続いて最高裁でも勝訴するのは当たり前な判決ですョ。
姑息な手段でしか表現できない研究者崩れに群れる香山リカ等の左翼同様、歪んだ正義など存在しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Neko

慰安婦=性奴隷は× 黄櫨神伝/BIGLOBEウェブリブログ
Copyright © 2005-2016 蒼き緋 All Rights Reserved.
文字サイズ:       閉じる