黄櫨神伝

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪意のないミス!? 小保方女史

<<   作成日時 : 2014/04/01 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
理化学研究所の最終調査報告を受け、小保方晴子ユニットリーダーは1日、代理人弁護士を通じてコメントを発表した。内容は以下の通り。(原文のまま)

 「調査報告書に対するコメント」

調査委員会の調査報告書(3月31日付け)を受け取りました。驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。特に、研究不正と認定された2点については、理化学研究所の規程で「研究不正」の対象外となる「悪意のない間違い」であるにもかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことは、とても承服できません。近日中に、理化学研究所に不服申立をします。

このままでは、あたかもSRAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、到底容認できません。

画像を合成し「改ざん」と認定されたレーン3の挿入について

Figure 1iから得られる結果は、元データをそのまま掲載した場合に得られる結果と何も変わりません。そもそも、改ざんをするメリットは何もなく、改ざんの意図を持って、Figure 1iを作成する必要は全くありませんでした。見やすい写真を示したいという考えからFigure 1を掲載したにすぎません。

「捏造(ねつぞう)」と認定された画像の取り違えについて

私は、論文1に掲載した画像が、酸処理による実験で得られた真正な画像であると認識して掲載したもので、単純なミスであり、不正の目的も悪意もありませんでした。

真正な画像データが存在していることは中間報告書でも認められています。したがって、画像データをねつ造する必要はありません。

そもそも、この画像取り違えについては、外部から一切指摘のない時点で、私が自ら点検する中でミスを発見し、ネイチャーと調査委員会に報告したものです。

なお、上記2点を含め、論文中の不適切な記載と画像については、すでにすべて訂正を行い、平成26年3月9日、執筆者全員から、ネイチャーに対して訂正論文を提出しています。

以上(朝日新聞より引用)
悪意のない単純なミスなので決定には従わず不服申し立てをするということは、悪意があろうとなかろうが研究者として先が見えてきましたネ。
発表段階での私見としてすごいなァって思ってましたが、再現性が見い出せないばかりか論文のコピーペーストや対象実験体の取り違え等考えられない程の疑惑が絶え間なく炙り出された以上、誰も研究者としての小保方女史の声は届かないことでしょう。
それ以上に悪質なのは所属する理化学研究所の対応なのではないでしょうか。
蜥蜴の尻尾切りよろしく、ユニットリーダーだけに責任を押しつけるように目論む様に見えます。
彼女を前面に押し出した笹井芳樹CDB副センター長や山梨大学生命環境学部生命工学科若山照彦教授はサッサと保身に走り、ハーバード大学医学部チャールズ・バカンティ教授は未だに擁護してるけど、彼等の背景を覗き見れば逼迫する経済状況での必死さが笑えますョ。
野依良治理事長は三菱関連のある小保方家に背を向けた侭、知らん顔するンだろうか?
習志野市在住者だった自分としては小保方女史が、小金持ちの町医者の子息が通う東邦出身ってことだけで何となく合点がいきます。
iPS細胞のペテン師森口尚史氏となんら変わらない妄想リケジョは、どこまで落ちるのか見物です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Neko

悪意のないミス!? 小保方女史 黄櫨神伝/BIGLOBEウェブリブログ
Copyright © 2005-2016 蒼き緋 All Rights Reserved.
文字サイズ:       閉じる