黄櫨神伝

アクセスカウンタ

zoom RSS タイガー 蒸気レスとく子さん PIA-W300

<<   作成日時 : 2013/02/12 01:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
退職祝いに頂いた電気ポット(タイガー製)が10年も経たないうちにマイコンがいかれて給湯できなくなったので、蒸気の出ないポットとして知れ渡る製品に買い換えてみた。
実はこれ、2台目として新たに買い足したものである。
1台目はPIA-A300 RIだったがAとWを間違えて買ってしまい、丁度、妹のポットも壊れて買う心算だったらしいのでAの方を譲ったため、我が家に今あるのはWの方である。
期せずしてAとWを使った上での相違点と問題点を記すことにする。

先ず目玉である蒸気レス機能だが、従来にない画期的な新開発だと思うし、置き場所に気を遣う必要性がないことは非常に重宝し安全上も問題ないようだ。
妹の処は幼子が居る所為もあって、蒸気の出ないポットは火傷の心配がないと喜んでおり、従来品のポットよりやや大きいが棚に置けるのでテーブルが広く使えデザイン性も好評らしい。
この点は自分も同意見であり、構造上、上蓋は厚くなったが注水する時以外開けることもないのでマイナスポイントにはならない。
蒸気キャッチャー構造はAとWとでは冷却通路が異なるが、共にメンテナンスフリーとなっている(Wはエアー給湯装置があるため)。
ただ難点なのは、内容器がかなり奥まっているため注水には気をつけないと水を零したりすることだろう。
幸いなことに我が家では、薬缶で給水するのであまりそのようなことはないが、大きめのポットを水道口まで持ち出して給水するのは手間が掛かる。
傾斜流水防止や転倒流水防止が施されていても、上蓋が開いていれば意味を成さないのは当然ですネ…

ポット前面が従来品のように湾曲しておらずややフラットぎみであり給湯口が従来品よりも少し高い位置から出てくるので、カップ麺等へ注ぐ時は周囲に白湯を撒き散らすように零れ易いので、象印のようなカフェドリップ給湯のような調整機能を付加すれば給湯口の高さも気にならないはずだろうから追加できないだろうか。
吐出量表示機能は、調理やインスタントコーヒーに便利ですネ(但し、Wでエアー給湯する場合は表示されません)。

バックライト付きの水量計は、夜間にその威力を発揮しとても見易くインテリアとしてもカッコイイのに、操作パネルの液晶ディスプレーが逆に見づらいのは改良の余地があると思われ、できることならこちらもバックライト仕様にして欲しい。
それとロック解除ボタンは他のスイッチと同列に配置されているので、誤動作を防ぐ意味でももっと大きめに作って欲しいと感じます。

自分は左利きなので、給湯レバーがワイド設計されているため左右どちら側でも操作できるので助かります。
Wはエアー給湯も可能なので電源コードを抜いた状態でも注げる点はテラス等で使用できるので便利性が高いです。
上蓋がフラットで蒸気レスのため、コップや一寸した物が置けるのは便利ですが触ると仄かに温もりを感じますので、生ものは×なので仔猫等のお昼寝は駄目ですョ(笑)

保温温度選択に魔法瓶仕様があるのは省エネ対策として節電に貢献できますし、タイマー(6〜10h)でヒーターoff状態から設定時間前に再沸騰を終える辺りも電気代節約に繋がります。
沸騰時の静寂性は沸かしているのか不安になるくらい静かですが、700W電力なので多少時間が掛かります。

AとWの相違点の最大ポイントはカルキ抜き機能で、100℃に達した時、沸騰直後の除去率は約75%、8分後で100%除去する点でしょう。(PIA-W300型の場合)

この蒸気レス機能を炊飯器に応用したら、多分買うンだろうなァ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Neko

タイガー 蒸気レスとく子さん PIA-W300 黄櫨神伝/BIGLOBEウェブリブログ
Copyright © 2005-2016 蒼き緋 All Rights Reserved.
文字サイズ:       閉じる