黄櫨神伝

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮人募金詐欺!? ニコンサロン

<<   作成日時 : 2012/05/24 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
重重−中国に残された朝鮮人元日本軍「慰安婦」の女性たち

6/26 (火) 〜7/9 (月)
10:30~18:30(最終日は15時まで)
会期中無休
写真展内容
第二次世界大戦が終わって70余年、アジア太平洋沿岸の日本軍「慰安婦」被害者のハルモニ(以下「ハルモニ」とする)は今も尚、胸の奥に戦争の苦しみと恨(ハン)を抱いたまま生きている。特に1945年、戦争は終焉を迎えるが、朝鮮人として故国に帰ることができず、中国の痩せ地に取り残されたハルモニたちが、心にこびりついた恨(ハン)を抱えまま生きている。
本展は、作者が彼女たちの実状をおさめた写真を日本で初めて公開する。
作者はこの作業のために5年余をかけて中国全域約33,000kmを7回にわたってカメラひとつを手に、12名のハルモニたちを捜し歩いた。既に80歳を越えたおばあさんになった朝鮮人の日本軍「慰安婦」被害者のハルモニたちは、彼女たちのことを忘れずに訪ねて来た作者にその恨のこびりついた思いを溢した。そんなハルモニたちの姿を誠実にありのままカメラにおさめ、彼女たちが伝えたかった苦痛を写真の中に幾重にも重ねて表現した。
「既に戦争が終わり長い年月がたったが、ハルモニたちははるか遠い異国で再び捨てられたまま苦しみの中で生きている。今回の展示会を通して私が出会った12人のハルモニたちだけでなく、中国のどこかにまだ生きてみえるハルモニたちを今ここで人々の記憶の中に再び蘇らせたい」という作者だが、今後は、大阪、名古屋、広島などのほか、ソウル、ニューヨーク、パリ、ベルリン、ロンドンでの巡回写真展を計画している。なお、今年8月にソウルで、同じテーマで個展を開催する予定である。モノクロ38点。(ニコンサロンHP写真文化活動より引用)
旧日本軍による性的被害女性を支える会及び安世鴻(名古屋在住)率いる「重重〜安世鴻 日本軍「慰安婦」写真展実行委員会」略称重重プロジェクトが無料会場であるニコン系列のニコンイメージング渇^営の写真展スペースを提供するニコンサロンを舞台に、募金詐欺ではないかと嫌疑を持たれているたことが発覚した。

ことの始まりは、
写真展の作品選考・決定権を保有するニコンサロン選考委員会が、「第二次世界大戦中における日本による軍事性奴隷制度」を是認した件で展示許可理由の問い合わせがあった。
事務局側は、「当該韓国人写真家の写真については5名の審査員の審査を経て決定され、現在のところ展示をとりやめるなど審議することは考えていないし、過去の歴史解釈としてよりも写真表現が優れていることを評価しての採用だと考えている。」と回答されたようだ。
写真の分野では著名人であろう5名の写真家たちの基準は、背景を考慮しない捏造であっても写真文化の向上を目的とするため写真自体の出来さえ良ければOKらしい。
こういう考えだから、FRIDAYのような写真週刊誌がもて囃される下地を作り上げてるのかも知れない。
当時の時代背景に戦時下の慰安婦は存在しても従軍なる冠詞はなく、小野田寛郎元陸軍少尉が語るように従軍看護婦は居たが慰安婦は完全なる商行為として存在し、従軍慰安婦なるモノは後日造語された偽物と断罪している。
以前と相違し現在の認識では否定され、あの流布元である朝日新聞でさえ従軍とは付けていない。

この間、写真展開催に当たり、プロジェクト代表でもある安世鴻がHP上で開催費用として100万円以上の募金を募り出した。
が、開催場所であるニコンサロンは無料会場であり、審査時に写真は見せているはずだから3桁を超える募金は大きすぎないだろうか。
よしんば開催に伴うパンフ等の準備もあるだろうからある程度の費用は必要不可欠だろうが、募金の名を借りた新手の詐欺行為を疑う余地を含んでしまうのも無理はないだろう。
この募金が公になった後で、ニコンサロン側は急遽、理由も述べず写真展を中止する決定を下し、寝耳に水の安世鴻が開催せよと騒いでる最中である。
5月24日付けで
写真家安世鴻は、理由を説明できない写真展中止決定事項を受理しません。
表現の自由を犯し、ひとりの写真家の名誉を傷つけた、世界に名の知れる大企業ニコンの対応は明日以降世界中のメディアに知れ渡ります。
安世鴻と重重プロジェクトは写真展開催の再開を求めます。
とニコンを非難している。
白紙に戻った展覧会が、鮮人得意の恫喝紛いの嫌がらせで復活しないよう祈るだけだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Neko

朝鮮人募金詐欺!? ニコンサロン 黄櫨神伝/BIGLOBEウェブリブログ
Copyright © 2005-2016 蒼き緋 All Rights Reserved.
文字サイズ:       閉じる