黄櫨神伝

アクセスカウンタ

zoom RSS 恫喝に屈した長崎

<<   作成日時 : 2012/05/23 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
長崎県の中村法道知事が民主党政権を批判し、同党本部から陳情活動を拒否された問題で、 中村知事は県議会で、「私の発言からこのような結果になったのは遺憾で、心からおわび申し上げます」と陳謝し、党側に陳情受け入れを働きかけていく意向を示した。
中村知事は13日に長崎市で開かれた自民党県連の定期大会で、原子力発電所の再稼働問題などについて民主党政権に対応できる能力が本当にあるのか疑問」と発言。
反発した同党本部は21日、県連を通じて県に「陳情は受けられない」と伝えていた。
渡辺敏勝・民主党県連幹事長(県議)は「一歩踏み込んだ対応だが、発言をきちんと訂正しなければ陳情受け入れは難しい」と話した。(讀賣新聞より引用)
以前もありましたネ、石井一震災対策副本部長や松本龍元復興担当相、海江田万里元経済産業相、松崎哲久衆議院議員、神風ひでお衆議院議員、有田芳生参議院議員と枚挙に暇なく切りがない。
縣民の声を反映した縣知事を脅す民主党は、改悛することなく権力にしがみつくき最大限に無尽を尽くすクズそのもの。
長崎の縣議は縣民より党を尊重するようだが、次選挙で篩い落とされるまでの優越に浸ってるだけで何の価値もない。
橋本徹大阪市長を独裁者と煽るならば、民主党議員の恫喝は言論抑圧を強いる中共と何ら変わりない政党だ。
恐怖政治と化した与党に未来への展望は希めず、米国との信頼も薄れ特亜からもいいように弄ばれてる野田政権の寿命はいつ尽きるンだろうか。。
民主党長崎縣連のアホ共はひとり残らず真面なヤツはおらんのかぁ、可哀想な長崎だが縣知事は与党だからと畏縮することなく堂々と主張すべき意見を貫くべきでは。。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Neko

恫喝に屈した長崎 黄櫨神伝/BIGLOBEウェブリブログ
Copyright © 2005-2016 蒼き緋 All Rights Reserved.
文字サイズ:       閉じる