黄櫨神伝

アクセスカウンタ

zoom RSS MBS VOICE 偏向報道手法 Vol.2

<<   作成日時 : 2012/05/13 03:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
橋下大阪市長が推し進める教育基本条例の基本方針は、米国で破綻したNo Child Left Behind(NCLB)法と酷似した手法だからするべきではないという観点から緊急報道され、特集として放送された。
大阪府立和泉高校中原校長に取材せず偏向報道した国家起立斉唱 揺れ動く「声」と同様に、ミシェル・リー教育長にも取材せず結論有りきで番組進行している。

落ちこぼれゼロ法と云われたNCLB法は、学力差をゼロにすること(具体的には、2012〜2013年度内に、米国全生徒をProficient(習熟)レベルにまで引き上げる)を主眼とするもので結果が出されたモノではなく、成功か失敗かの判断は時期尚早というより、未だ出す段階ではないことは明白なのに恣意的な改竄を示している。
また、英国のサッチャー教育改革法に似ているが決定的に違うのは、地方自治体の管轄下にある義務教育体制を中央集権したことで政府主導に切り替えた点だ。
日本と米国では、教育環境が相違するのに何ひとつ言及していないし、事実と異なる報道内容を繙くと日米教育に共通するキーワードが浮上する。
それは何か、あなたの子どもが就学中ならばあなた自身の眼と心で先ず感じ取るべきであり、大阪だけの問題ではない。

画像NCLB法の背景には、学力の国際比較で他の先進工業諸国に劣る危機感を抱いた米国政府が、初等中等教育水準と国家間の競争力との密接な関係に気づいたからだ。
では、番組で改竄された部分を抽出し事実と照らし合わせれば何が問題か、自ずと分かることでしょう。
@NCLB法に依る全米学力テストは、小学4年生と中学2年生の数学と国語で実施され成績結果は州や市町村、学校毎に公表される。
 ↓
小学3年生から中学2年生までの英語と数学の学力を毎年測定する学力テストの作成を義務付け、学力が毎年どれほど上がったか判断することを全州政府に義務付け、各州のサンプル(つまり、全員では規模が大きすぎるので、各州の一定の数の生徒にだけサンプルとしてテストを受けてもらい、連邦政府はその結果から全州の州別学力状況を把握し公表する。
MBS報道はわざと、NCLB法とNAEPに依る学力テストの実施&公表を混同させているがNCLB法施行前から学力テストは行われており、NCLB法は州内規模の学力テスト実施を課したモノで、全米規模の学力テストではないので、NCLB法とは関係ない。
故にNCLB法の学力テストでDCの合格率が最低ラインだと分かるはずはなく、NAEPに依る学力テストで分かる事実である。


ADCの教職員解雇理由は財政不足に因る人員削減が目的で、評価制度に基づく判断ではない。
 ↓
具体的根拠のない単なる個人主観にすぎない。


BNCLB法は失敗で、教育水準の質は改善せず上がるどころか下がった
 ↓
連邦政府が管理するデータ分析結果から見ると、米国全体の学力は下がっておらず、寧ろ上昇している。(このデータはNY大学ラビッチ教授も関与していた政府機関のもので、同女史は教職員組合の理論的指導者でもある)


Cリー教育長の改革は、26校の公立学校を閉鎖廃校し266人に及ぶ解雇で教員不足を招き教職員組合を潰そうと企んだことで生徒に悪影響を与えた
 ↓
連邦政府の全米テスト結果で教育水準がワースト1位だった理由は、学習環境や児童の健康状況が最悪で、全生徒に行き渡る教科書を揃えられず、予防接種すらも行うお金がなかったこと。(日本のように個人支給されず、教室内に置かれた教科書を使用するシステムが多い)
且つ、既得権に縋り付くだけで努力しない低評価の教職員が多数を占めていたこと。
上記3点を改善したことで生徒や父兄の評判は悪くない。


D予備選挙に市長が敗れた余波でリー教育長も職を追われた。
 ↓
リー教育長は辞任に際して、自分の右腕であった副教育長のカヤ・ヘンダーソン女史を後任指名し、リー政策は現在も継続されている。


E大阪府教育基本条例はNCLB法の轍を踏むことになる。
 ↓
Bに記したようにNY大学ラビッチ教授は教職員組合の指導者なのだから懲罰的だと批判することは当たり前である。



英国や米国で行われた教育改革を阻んだのは、環境ではなく特定団体に属する既得権者の抵抗である、日本と同じってことサ。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Neko

MBS VOICE 偏向報道手法 Vol.2 黄櫨神伝/BIGLOBEウェブリブログ
Copyright © 2005-2016 蒼き緋 All Rights Reserved.
文字サイズ:       閉じる